バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

倒し込み

倒し込み

画像の説明

ブレーキングから、そのままの流れで倒し込みを行っていきます。


倒し込みの過程は、ある意味ブレーキングの過程も重なっている部分もあります。

ブレーキ力を徐々に緩めながら、それに反比例して倒し込み、バンク角を増やしていくイメージです。

この動画のブレーキレバー操作に注目してみてください。
倒し込んでからも、ブレーキを引きずり、そして、徐々にブレーキ力を緩めながら、最終的にリリースする様子がわかる思います。



直立状態でのブレーキングで発生した前後方向のGから、倒し込みで徐々に発生する横方向のGに切り替えていく過程になってきます。


イン側ステップに荷重をかけてバンクさせていきましょう。

この時に、足裏の指の付け根あたりでステップを踏みつけます。


思い切って、バタッと倒していきます。

同時にハンドルを一瞬、逆操舵してやると、より一層倒し込みがスムーズになります。


この時のアウト側ステップの荷重は、ほぼゼロです。

くるぶしでホールドする程度でよいでしょう。


倒し込みを開始すると、遠心力が徐々に増していきます。

遠心力とバランスをとるために、上体をしっかりとイン側にオフセットすることが重要です。


ハングオフフォームに移行するのです。


あと、なるべく腹筋で上体をささえることを意識して下さい。

アウト側の内ももでタンク後部を押しつけることも、上体をささえるのに有効でしょう。


上達してくると、倒し込みの過程で膝擦りができるようになってきます。


ここで、膝擦りができれば、ムリ膝ではない、自然でスムーズなかっこいい膝擦りになっているはずですよ。


倒し込みの過程から、ハングオフフォームを決めるのです。




一次旋回ポイントを目指して、コーナーへ進入していきましょう。


    戻る ブレーキング      次へ 一次旋回



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional