バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

初心者が知っておきたいサーキットの基礎知識

初心者が知っておきたいサーキットの基礎知識



ライダーにとって憧れの場所といっても過言ではないのがサーキットです。

サーキットと聞くと順位を競うというイメージがあると思いますが、サーキットはスポーツライディングの醍醐味を楽しむ場所です。

順位を競うのも良いですし、練習で培ったライテクを披露するのも個人の自由です。

そんなサーキットですが、初心者の方に押さえていただきたいポイントがいくつかあります。




最初にやるべきこと


最初にやるべきことはマシンの整備です。

バイクは非常に魅力的な乗り物ですが、一歩間違えると思わぬ事故に繋がる危険性もあります。

そのため、安全性は徹底して確保しなければなりません。


整備項目としてはブレーキまわりの取り付け、エンジンオイルの量やドレンボルトの締め付け、タイヤの空気圧・摩耗状態などです。

もちろん、ガソリン残量など確認できるところは細かく確認しておきましょう。




装備を用意する


装備は安全性を考えたものを用意するようにしてください。

安全性や動きやすさを考慮するとレザースーツが最適だと思いますが、最低でもライディングウェアも揃えておくようにしましょう。


また、革パンやプロテクター入りのジャケット、革のグローブ、ブーツを用意しておくことで、より安全性を高めることができます。

体験走行でも、十分な装備で挑むと良いでしょう。




ルールやマナーを守る


ライダー全員がサーキットを安全に楽しく走るには、全員がルールやマナーを守る必要があります。

コースインやコースアウトのサインをしっかり出すのはもちろん、他のライダーの走行を邪魔しない配慮も必要です。

ルールやマナーを事前に把握したうえで、サーキット走行に臨むようにしてください。



初心者の方でこれからサーキットを走ってみたいとお考えの方は、上記のことは頭の片隅に入れておくようにしましょう。



★仲間が羨む… あなたのライテクに…
ヘアピンコーナーで、サクッと膝を擦る
無料動画講座を今すぐGET
ヘアピンコーナーを楽しむ


DVD詳細はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional