バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

大型バイクと中型バイクの違いとは

大型バイクと中型バイクの違いとは



当サイトは、バイクをこよなく愛するライダーの憧れ、
サーキットでハングオフ膝擦りについての知識を集めています。

バイクをこよなく愛するライダーであれば、誰でもカッコいいライテクを身につけたいと思います。

皆さんもご存じだと思いますが、バイクには大型や中型といった種類があります。

ここでは、大型・中型バイクの特徴に注目し、ライテクを交えてその魅力をご紹介いたします。




大型バイクの特徴


まずは大型バイクの特徴について簡単に説明させていただきます。

大型バイクの一番の特徴は、なんといっても「圧倒的なパワー」にあります。

中型バイクであれば頻繁にギアを変えて走るところを、大型バイクではアクセルを一捻りするだけで難なく走ることができます。


大型バイクならではの排気量を活かした豪快な走りは、多くのライダーから愛されています。

圧倒的なパワーを誇る大型バイクですが、運転時にはその重量に耐えられる運転技術が必要となります。


ライテクを取り込むとなると運転技術も相当な力量が求められるでしょう。

しかし、豪快に疾走しながら大型バイクを意のままに操る姿は、たまらなくカッコいいものです。

カッコよさを重視したいという方には、大型バイクでライテクを身につけるのが最適でしょう。




中型バイクの特徴


中型バイクは大型バイクと比べると大きさも重量も控えめですが、その分ブレーキングやコーナリングがしやすくなります。

コーナリングのときには「遠心力」が働くのはご存じだと思いますが、遠心力は質量と比例するものなので質量が2倍になると遠心力も2倍になります。


それに対抗するために、大排気量スポーツモデルは車体やサスペンション、タイヤの性能が高められていますが、それでも限界はあります。

中型バイクは排気量で劣るものの、コンパクトなボディは小回りが利きやすく機動性に秀でています。

細かなライテクが映えるテクニカルな走りを重視したいという方には中型バイクが最適です。


このように、大型・中型共にそれぞれの魅力・特徴があります。

ハングオフや膝擦りなどのテクニックを高めるのもいいですが、それぞれのバイクの特性に目を向けるのも、テクニック上達の近道となるでしょう。






★仲間が羨む… あなたのライテクに…
ヘアピンコーナーで、サクッと膝を擦る
無料動画講座を今すぐGET
ヘアピンコーナーを楽しむ


DVD詳細はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional