バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

立ち上がり加速

立ち上がり加速

画像の説明

二次旋回を終え、クリッピングポイント(CP)を通過したら、立ち上がり加速です。


すでにCP手前より徐々開け始めていたスロットルを、さらに開けていきます。

バンク角に応じて、ジワーッと開け続けていきます。


この時、車体をどんどん起こしながら、お尻でシートにドカッと荷重をかけるようにすることが重要です。

リヤサスペンションをグッと沈め込み、同時にリヤタイヤをグニュっと路面に押しつける感覚です。


そして、逆にシートからお尻で、リヤタイヤの接地感、グリップ感を感じ取って下さい。

そのお尻のセンサーで検知した感覚を、右手のスロットルグリップに信号を送り、ほどよい接地感、グリップ感を維持できるスロットル操作をしていきます。


検知した感覚に反して無理にスロットルを開け過ぎると、リヤタイヤのスライドやハイサイドの原因になるため、ほどよい接地感、グリップ感を感覚で覚えましょう。


ステップのポジションとして、

イン側は、足裏の指の付け根から土踏まずへ移行します。

また、バイクを起こす為に、アウト側のステップに荷重していきます。


万が一、リヤタイヤのスライドやハイサイドの兆候を検知した場合は、すぐにシートから荷重を抜けるように、ステップから立ち上がるように中腰にして下さい。


右手に反応して、リヤサスペンションがグッと沈み込むのが解れば、スムーズな立ち上がり加速ができるようになります。






まずは、ハングオフ膝擦りの方法が分かるこちらの動画からご覧ください。

遠回りせずに、サーキットを楽しめる新たな発見があるはずです。

↓↓↓ 無料オンライン解説動画はこちら ↓↓↓



無料オンライン解説動画






サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座 DVD

↓↓↓ 内容詳細とご購入はこちら ↓↓↓

サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional