【レポート】みんなで走ろうサーキット in 西浦 2015年12月6日(日)

画像の説明




2015年12月6日(日) スパ西浦モーターパーク




12月にしては、それほど寒くなく走りやすかった…




今回も前回同様に、台数MAXの状況でかなりエキサイティング!?

安全重視の走りで、今年の閉め!? のフリー走行。

じっくりとライテク向上を意識して、

皆さん真剣に、楽しく走りました!




改めて、ハングオフフォームのチェックをしたり、

サーキットで走りやすいサスペンションの調整を行ってみたり、

それぞれに合わせたサポートをさせていただきました。




画像の説明




line




【8:30】




この時期の西浦にしては冷たい海風がそれほど無く、快適。

皆さん、早速準備に取りかかってます。

だいぶサーキットに慣れてきましたね〜


タイヤエア圧調整中。。


画像の説明




準備体操!? も念入りにしてます。

股関節伸ばしときましょう〜 (笑)


画像の説明




皆さん真剣ですね〜

事前にステップワークの確認をしておきます。


画像の説明




line




【10:00】




早速、本日1本目の出陣!

BMW S1000RR ジョルジュさん、西浦初走行、、

落ち着いて行きましょう!


画像の説明




本日、西浦ライセンス取り立てでこの走り!

フォームが決まってますね〜


スクリーンショット 2015-12-19 2




CBR1000RR イチローさん、

コーナリングがだいぶ切れ良くなってきました!

膝の接地まで、あと数センチ、、

後ろからジョルジュさんと2人で見てますよ〜


画像の説明




Ninja250R コーシさん、

だいぶ膝が開けるようになってきました!

駐車場でコソ練の成果!?


画像の説明




GSX-R750 masakaさん、

コーシさんとランデブー♪

ハングオフフォームが決まってきてますよ!

前回より、確実にうまくなってきてる!


画像の説明




line




【11:30】




ちょっと早めのランチでご満悦♪

この現場でイスとテーブルは重宝しますね。。


画像の説明




何やらサスペンションについて、真剣な談議が始まりました(笑)

うーむ、

奥の深いはなしです。。


画像の説明




line




【13:00】




ここで、コーシさん、

パイロンコースで8の字で特訓! 

あえて8の字でハングオフフォームの感覚を確認。

体重移動のタイミングや、スロットルの開け方も叩き込みます!


画像の説明


『このへんから、ガンガン開けようぜ〜』

なんて、言ってませんが !? だんだん走りが締まってきたよ!


画像の説明




あとは…

masakaさんのマシン、

なんか挙動が大きい…

ツーリング向けにリヤサスのイニシャルがだいぶ緩めてある…

ってことで、サーキット向けに若干閉め込む。

カチッとした感触でスロットルが開けやすくなるはずです。


画像の説明




line




【15:00】




本日、2本目の走行時間がやってきました!

身体も慣れて、午前中よりいい走りができそうです。


BMW S1000RR ジョルジュさん、

初コースを快調に飛ばしてますね〜


画像の説明




CBR1000RR イチローさん、

いい感じで最終コーナー突っ込んできました〜

キレが出てきましたね。


画像の説明




Ninja250R コーシさん、

いままでのリーンウィズから、ハングオフフォームに馴染んできました!

あとちょっと^^


画像の説明




GSX-R750 masakaさん、

ちょっと後方から突っついてますが…

だいぶアグレッシブになってますよ!!


画像の説明




line




【16:00】




走行、お疲れさまでした♪

走り切りましたね〜


画像の説明




なんだかんだで、朝から夕方まであっという間です。

本日は気候もよく、意外と快適に走れました。

常連さんは前回より走りが進化してきていますね〜

来年も、じっくり走りましょう!


画像の説明




line




画像集はこちら
↓↓↓



line




走行動画はこちら
↓↓↓

① BMW S1000RR giorgioさん



基本的なライディングフォームや体重移動のタイミングなどは、スムーズにできていますね。
サーキット走行を楽しむぶんには十分かと思います。

さらに、タイムアップを目指す場合は次のことを意識すると良いです。

・ライン取りの安定化
  ⇒ 3コーナー、Wヘアピン後の右コーナーなどでアウトインアウトが不十分
・よりハードなブレーキングからのコーナー進入
  ⇒ フロントタイヤのグリップ力をもっと引き出す
・ストレート区間でしっかりとスロットルを開ける
  ⇒ 立上がりでバイクが起き始めたら、しっかりとスピードに乗せる

タイヤ性能によっても改善の程度が左右されますが、意識しながら少しずつトライしてみて下さい。

徐々にタイムアップに繋がってくると思いますよ。




line


② CBR1000RR イチローさん



ライディングとしては、すごく丁寧でスムーズに乗られていると思います。
ただ、その反面、アグレッシブさをもっと出したほうが、走りのメリハリもしっかりして良いです。

現状は、ある程度スピードを保ったまま、ゆっくり倒し込んでコーナリングできています。
バンク角としては、膝擦りできる角度には達しています。

しかし、もう少しのところで膝擦りに至らない…

その理由は、おそらく、

・イン側への体重移動量が足りない
・膝の開きが足りない

今の走りでも、これらをもう少しずつ増やせば膝擦り達成できますよ。

ただ、本質的には、まだまだ前後タイヤへの荷重が少なく、旋回による遠心力もそれほど作用していないので、無理にイン側へ体重移動しない現状の状態で、バランスがとれているのだと思います。

・加速する時は、しっかりスロットルを開ける
・減速する得は、しっかりフルブレーキングをする
・倒し込むときは、素早く倒し込む

これを意識することで、タイヤを路面に押しつけて旋回することが徐々にできます。
比例して遠心力も大きく作用してきますので、自然とイン側へ身体を落として行く方向になってきますので、自然な膝擦りにも繋がってきますよ。




line


③ Ninja250R コーシさん



リーンウィズから脱却し、徐々にハングオフフォームに近づいてきています。
パイロン8の字の成果ですね。

体重移動のタイミングもまずまずです。

改善点としては、
・上半身に力が入って、ハンドルで倒し込んでいる
  ⇒ イン側の腕を突っ張らずに、もっとリラックスする
  ⇒ イン側の肩から積極的にコーナーへ飛び込んで行くイメージで倒し込む
・ライン取りがバラツキ多く、安定しない
  ⇒ もっとアウトインアウトを意識する
  ⇒ ブレーキング、倒し込み、立上がり時のスロットルの開け始めのポイントを明確にする

上半身は力まずにもっとリラックスし、毎週安定した走りを心がければ、もっと楽にスムーズな走りが期待できると思います。




line


④ GSX-R750 masakaさん



以前と比較して、だいぶ深いバンク角で走れるようになっています。
ライディングフォームはきれいです。

ただ、改善したい点としては、
・ライン取りの安定化
  ⇒ 基本的にいいのですが、単発で大きく乱れる時があります
・体重移動のタイミングが若干遅い
  ⇒ 倒し込みする時に、身体全体であたふたしている
  ⇒ よって、スムーズにコーナー進入できていない

・コーナー進入がスピードが落ちる
  ⇒ 必要以上にブレーキングでスピードを落とし過ぎている
  ⇒ 結果、返ってその後の過程でのバランスを崩している

フロントタイヤをもっと使って、素早い初期旋回に活かすことができたら、コーナー進入から立上がりまで、ギクシャクせずもっとスムーズに走れるはずですよ。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM